アンチエイジングにおススメの食べ物は?

老化は何故起こるの?

人や動物のからだは、何故老化するのでしょうか。

 

さまざまな説がありますが、その原因のひとつが「活性酸素」であると言われています。

 

活性酸素は、本来はからだの殺菌や消毒を行うという大切な機能を持っていますが、増えすぎると、細胞膜の不飽和脂肪酸と結びついて、細胞を酸化させてしまいます。

 

この現象によって、老化が進んでしまうというのです。そのため、細胞の酸化を防止する「抗酸化」作用のある食物には、アンチエイジング効果があると考えられています。

 

抗酸化作用がアンチエイジングにつながります

抗酸化作用のある成分としてあげられるのが、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンE、カロテノイドの一種であるリコピン、βカロテン、そしてカテキンや大豆イソフラボンなどのポリフェノールです。

 

このラインナップを見ると、野菜や果物に抗酸化作用、つまりはアンチエイジング効果があることが、何となくわかります。

 

おススメの野菜はレンコンとトマト

アンチエイジング効果の高い野菜の一つとしておススメなのがレンコンです。

 

レンコンは、ポリフェノールの一つであるカテキンを多く含み、さらに、レモンと同じくらいビタミンCの含有量も多いのです。また、食物繊維が多いため、腸内環境を整えて、お通じをよくするので、デットクスやダイエットにも効果的です。

 

もうひとつは、リコピンが豊富なことで知られるトマト。

 

リコピンは、同じカロテノイドのβカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があると言われています。

 

また、トマト自体も、βカロテン、ビタミンE、そしてビタミンCを含んでいるため、かなりの抗酸化作用=アンチエイジングが期待できます。