エイジングケアに重要な美容成分

エイジングケアを始めるなら、効率的に肌の悩みを改善するためにも、有効な美容成分が配合されたエイジングケア化粧品を選ぶのが大切です。

 

肌の表面のバリア機能をサポート

本来肌はバリア機能という天然の保護機能が働いています。

 

しかし、加齢と共に皮脂の分泌が少なくなりバリア機能も弱くなりますから、これをサポートしてくれる成分を取り入れるのが効果的です。

 

バリア機能で重要な位置を占めているセラミド、肌を作る元となるアミノ酸、保湿の王様ヒアルロン酸などが含まれているものがベストです。

 

コラーゲンの生成を高める

年齢と共にコラーゲンの生成量も低下してきます。

 

肌の7割近くを占めているコラーゲンは肌のハリや弾力を維持している大切な成分で、少なくなってしまうとしわやたるみが目立つようになってきます。

 

化粧品で補うなら、浸透力の高い低分子化されたコラーゲンが配合されているものがおすすめです。

 

また、ビタミンC誘導体やレチノールなど、コラーゲンの活性化に役立つ成分があります。

 

コラーゲンそのものを補うよりも効果的な場合もありますから、これらが含まれているものを使ってみましょう。

 

抗酸化で肌の老化を遅らせる

紫外線などによって増えてしまった活性酸素がコラーゲンなどを壊してしまって、老化が進みやすくなります。

 

美容成分には活性酸素を抑える作用があるものもありますから、それを取り入れていくのがアンチエイジングの要とも言えます。

 

一番強力な抗酸化作用を持つ成分と言われているフラーレン、カニなどの赤い色素であるアスタキサンチン、ビタミンCやEなどは、活性酸素を抑えてくれます。

 

これらが配合された化粧品を用いることで、老化を遅らせてしわやたるみのない若々しい肌でいられます。

 

 

いかがでしょうか。

 

肌の表面と奥のケア、抗酸化の三つに焦点を絞りエイジングケアすることで、見た目年齢をぐっと若返らせることができますよ♪