アーモンドのアンチエイジングに有効な成分

アーモンドに含まれるビタミンEの特徴

活性酸素は悪玉コレステロールを作り出すこともあるので、その活性酸素を取り除くビタミンEは、悪玉コレステロールの生成を抑える働きもあります。

 

アーモンドには抗酸化作用のあるそのビタミンEが豊富に含まれていますが、アーモンドのビタミンEは、水には溶けないで油に溶ける特徴があります。

 

そのため、アーモンドを食べて摂り入れたビタミンEを、効率よく摂取することができます。

 

ゴマの2倍含まれるオレイン酸

アーモンドにはオレイン酸も豊富に含まれていて、ゴマの2倍のオレイン酸があります。

 

そのオレイン酸は血液をサラサラにしてくれて、血液中のコレステロールを減らす働きがあります。

 

肌の皮脂に働いて柔らかな肌を保つ作用があるので、肌のアンチエイジングに有効な成分になります。

 

血管の若返りに働くアルギニン

一酸化窒素は動脈の血管を拡張したり、血管を綺麗にする働きがありますが、アルギニンはその一酸化窒素を生成することに働き、結果的に血管の若返りに有効な成分になります。

 

肌や血液に良いミネラルも豊富

カルシウムは肌の保水力を高めて、肌の新陳代謝に働くので肌のアンチエイジングに働いてくれるミネラルになります。

 

マグネシウムはカルシウムの働きを手助けして保湿作用に働きます。

 

ホルモンバランスや自律神経を整えてくれるので、睡眠などの生活のリズムが安定し、結果的に肌のターンオーバーを手助けしますし、血液の流れを良くする働きもあります。

 

赤血球に含まれている鉄分も含まれているので、アーモンドには肌や血管の若返りに有効なミネラルが含まれています。